■2020年03月31日

 ■石部頭首工

石部北4丁目

撮影:2013.02.28

写真拡大

  石部頭首工の左岸である。対岸に菩提寺山が見える。この画面では右外から山裾が流れ下ってくる。その右裾の奥(菩提寺山と三上山の間から)から名神が出て来て橋を渡るのだが、手前の堰堤にカバーされてその姿は見えない。
  手前の岸にステンレスの柵が続いている。これは堰堤の上流側と下流側の・・・・続きを読む




■2020年03月30日

 ■ポンポン山から

大原野小塩町

撮影:2009.03.30

写真拡大

  京都府と大阪府との境。ハイキングのガイドブックによると、標高678m。山頂からの眺望は良好という。この年、2009年の2月に鏡山からの日没を撮った。逢坂山の奥の稜線がきれいに見えた。そこから見返すのだから、眺望佳良は確かだろう。命名の由来は、山頂を踏むとポンポンと音がするという。高校生のときだったか登った記憶があるが、記録は何も ・・・・続きを読む




■2020年03月29日

 ■進入路完成

守山市川田町

撮影:2012.03.20

写真拡大

  川田大橋の北東詰から野洲市竹ヶ丘住宅地への進入路である。住宅地の外周を経て竹生口交差点の近くへつながる。撮影の時点(2012年3月)では出来上がったばかりで、入り口はまだ封鎖されたまま。クルマが走っているのが川田大橋につながる道路である。なお、川田大橋の北東詰は感覚的には野洲市竹生のように見えるが、地図(マピオン地図)で見るように ・・・・続きを読む




■2020年03月28日

 ■南桜砂防ダム

野洲市南桜

撮影:2017.03.28

写真拡大

  野洲市南桜の集落は菩提寺山北麓に位置している。その集落が途切れたところを名神が走っている。40年ほど前、三上山を撮りだして間なしのころ、名神をまたぐ橋があることを地図で読んで行ってみたが、木が茂ってどうにもならないことが分かっただけだった。以来ずっと、名神より上は撮影不可と思いこんでいた。 ・・・・続きを読む




■2020年03月27日

 ■三雲・朝国狭隘部

水口町酒人

撮影:2015.03.26

写真拡大

  野洲川の朝国と三雲の間に横田橋がかかっている。かつてはこの橋が国道 1 号だったが、いまは県道13号になっている。国道 1 号は石部の頭首工をまたいで右岸へでて、朝国の丘陵をかすめて水口町泉へ出る。そのあと水口町の中心部へ向かって東進する。
  途中”さつきヶ丘口”という交差点があって、近くに赤と白の背の高い ・・・・続きを読む




■2020年03月26日

 ■モクレン咲く

野洲市八夫

撮影:2013.03.26

写真拡大

  もう1本、湖南病院の中庭に咲くモクレンを。つい最近のことだと思っていたが、もう7年も経っていた。田んぼの中の十字路に建つ病院で遠くからでも分かりやすいが、地図の上では交差点に名称はついてない。正門を入った左側に何とかいう薬局の建物があって、その向こうの中庭にモクレンの木が立っていた。敷地の周囲には塀はなく生垣で囲われているから ・・・・続きを読む




■2020年03月25日

 ■モクレン咲く

野洲市南桜

撮影:2015.03.21

写真拡大

  今年(2020年)の冬は暖かかった。当地では2月の何日だったか、地面が白くなったのは1回きりだった。シャチョウの話によると、昨日の時点で、近隣の桜がボチボチ咲き出しているという。だから、モクレンはもう散り果てたかもしれない。
  標題写真はさくら墓園の道路沿いのモクレンである。最初植えられた時には、 ・・・・続きを読む




■2020年03月24日

 ■喜撰川河口

和邇中浜

撮影:2009.03.21

写真拡大

  湖西線の和邇駅。その琵琶湖側に建つ平和堂和邇店。その前の駐車場を挟んだ道がかつての国道161号だが、いまは県道588号になっている。それを北上するとすぐ右手に和邇漁港が見えてくる。この写真は1980年1月1日の撮影である。それが1982年、『四季近江富士』編集の時点で、和邇港からの撮影と思いこんでいた。撮影後2年しかたって ・・・・続きを読む




■2020年03月23日

 ■北流跡

野洲市竹生

撮影:2010.03.23

写真拡大

  旧野洲川北流竹生橋跡である。竹生口交差点から県道151号が旧野洲川北流堤防の斜面を斜めに登り切ったところを左折するとここへ出てくる。かつての竹生橋のたもと、集落の入り口である。この写真はかつての竹生橋から旧北流の上流方を見たところ。撮影日は1980年01月15日である。標題写真とは30年の時間差があるが、撮影場所は同じである。 ・・・・続きを読む




■2020年03月22日

 ■ナノハナ

守山市新庄

撮影:2013.03.22

写真拡大

  野洲川北流跡、服部から新庄あたりまで、毎年どこかでこのように広い面積がナノハナ花畑になる。昨日の玉ねぎ畑はどちらかといえば乙窪に近いほうだった。それに対してこの菜の花は旧北流の左岸に近いほうである。画面のほとんどがナノハナで、たとえば昨日の写真と比べて、きょうのこの写真は、位置的にはさほど離れていないところで撮っているはずだが、 ・・・・続きを読む




■2020年03月21日

 ■北流跡

守山市新庄

撮影:2010.03.26

写真拡大

  ナノハナが 1 列に植わって、細い棒にカラスが止まっているのかと思ってよく見ると黒い布かビニールかがくくりつけてある。その向こうの広いみどり、他の場所ではあまり見かけないものである。たしか5月か6月ごろに収穫作業が行われていて、目が痛くなるような匂いがただよッていた。その記憶が間違いないとしたらタマネギだが。そしてこの広い畑の中に白い ・・・・続きを読む




■2020年03月20日

 ■4本の木

野洲市乙窪

撮影:2010.03.27

写真拡大

  細い溝に沿った畦道にカキの木が4本立っている。冬の間はそのままになっていた農地に、3月中旬にもなるとトラクターが入って作業が始まっている。しかし、このときは前日が雨だったのか、作業のあとに水が残っている。これではきょうはトラクターも出られまい。
  守山市新庄の旧野洲川堤防跡。いま守山市川田橋畔から守山・野洲市境 ・・・・続きを読む




■2020年03月19日

 ■畦に咲く

野洲市野田

撮影:2010.03.19

写真拡大

  兵主大社南交差点から国道477号を北上する。左側に野洲市五条・野田の集落が続く。その集落が途切れるところ、家棟川を越える少し手前、右側の畦道に、きれいなピンク色の花をつけた木がすっくと立っている。といって、一年中花をつけているわけではない。梅より遅く桜より早い時期、一言でいえば3月下旬、驚くような花をつける。名前を聞こうにも、何度行っても ・・・・続きを読む




■2020年03月18日

 ■公園無人

守山市立入町

撮影:2013.02.21

写真拡大

  野洲川左岸、新幹線と在来線との間の野洲川立入河川公園、Gグランドゴルフ場など、結構毎日にぎわっている。これはその中のちょっとした竹藪の中から、新幹線の鉄橋の方を見たところである。普通の日だと画面の中には大概2人や3人の人物が入ってくるのだけど、このときは無人。休日だったのだろうか。月曜日だとしたら休日ということになる。なぜだか深い意味 ・・・・続きを読む




■2020年03月17日

 ■昔のさらし場から

野洲市野洲

撮影:2015.03.16

写真拡大

  JR琵琶湖線、野洲川鉄橋と野洲駅間である。撮影して何年も経つとどちら向きに走っているのか、写真からは判断ができなくなる。今回のようにちょっと長めのレンズを使えばなおのことである。この電車の先頭車両(電車というものは厄介なもので、走る向きを定義しておかなと、逆に最後尾ということにもなる。今は右向きに走っているとする)。で、この先頭車両の下に ・・・・続きを読む




■2020年03月16日

 ■天山から

天山山頂

撮影:2012.03.14

写真拡大

  天山(あまやま)、希望が丘の芝生ランドの南に位置する。南桜の集落あたりから見ると左に三上山、右に菩提寺山、真正面突き当りにみえる。野洲市と湖南市の境界線上にあるように見えるが、細かく見ると、山頂は湖南市に当たる。標題写真は天山山頂付近から見たところで、三上山の右側に琵琶湖が光っている。このときは太陽が画面左外ぐらいに見える ・・・・続きを読む




■2020年03月15日

 ■日の出前

大津市唐崎1丁目

撮影:2011.03.24

写真拡大

  日の出が早くなってきた。今年の春分の日は3月20日(金)である。真東から太陽が昇る。湖岸から見て、三上山が真東に見える位置は、東岸が草津市志那町の平湖、西岸では唐崎神社ということになる。この場所は、県道558号(以前の国道161号)の唐崎1丁目南交差点から湖岸へ出たところ。簡単にいえば、唐崎神社から少し南へ移動したところ ・・・・続きを読む




■2020年03月14日

 ■梅花咲く

湖南市菩提寺

撮影:2013.03.11

写真拡大

  菩提寺山の麓にある大きな墓地のそばを通り抜けて山へ入った。あれは確か2月の初めだった。歩きながら三上山のほうを見ると梅林が広がり、その向こうに住宅地の一部が見えた。あれは確か2月の初め、まだ花は咲いていなかった。今は3月の半ば、”ひょっとしたら・・・”、そんな思いで行ってみた。2013年の話である。手前の方の1本の木が鮮やかなピンク ・・・・続きを読む




■2020年03月13日

 ■有明月

草津市下寺町

撮影:2010.03.14

写真拡大

  日の出前に昇ってくる細い月である。太陽はまだ水平線下にあって、高層建築の明かりが消え残って見える。一歩早く昇った月は太陽に面する側を照らされて中空にある。このように細い月と太陽はほぼ同じ線上を昇っていくのだけれど、三上山を撮りだしたころは、これが分からなかった。いまはカシミールで、太陽も月も、そのルートばかりか、時刻も教えてくれる。 ・・・・続きを読む




■2020年03月12日

 ■特急「雷鳥」

高島市鵜川

撮影:2010.03.02

写真拡大

  国道161号を北上する。大津市北小松の集落を過ぎると、左手に棚田が見えてくる。途中、小さな川を渡ったところで高島市に入る。すぐに左へ折れる道がある。湖西線の線路をくぐって棚田にとりつく。この道は朽木の方へつながるらしいが、私は行ったことはない。Google Mapでは棚田の詳細は表示されないので、航空写真に切り替えると全体の姿が見えてくる。 ・・・・続きを読む




■2020年03月11日

 ■山重なる

安曇川町南船木

撮影:2009.03.12

写真拡大

  安曇川河口のすぐ南、小さな入り江に金丸川が注いでいる。県道304号がその入り江をまたぐ。そこに架かる橋が新金丸橋。標題写真はその橋の上からの撮影である。
  あれはいつのころだったか、もう20年以上昔の話だが、この橋を渡ったとき、いちばん奥に見える金勝山系にモヤがかかって見えなくなっていた。 ・・・・続きを読む




■2020年03月10日

 ■はね橋  

高島市勝部

撮影:2009.03.12

写真拡大

  あれ、こんなはね橋があったかな。「高島市勝野」で整理したファイルに収められていた。10数年前に琵琶湖一周ウォークをしたときに、野洲のマイアミ浜にはね橋があった。それを間違って高島市のファイルに入れたのではないか。確かめてみたら間違いなくマイアミ浜のファイルに入っていた。しかし欄干などまったく形が異なるものだった。となると、このはね橋は ・・・・続きを読む




■2020年03月09日

 ■平坦化工事  

守山市水保町町

撮影:2014.03.03

写真拡大

  旧野洲川左岸外側である。琵琶湖大橋取付道路からすぐそこまで住宅地が迫ってきている。堤防のすぐ外を住宅地の一般道路が通っているが、旧河川敷の樹木に邪魔されてそこからは見えない。区画道路を4,5m中へ入ると、やっと小さい三上山が見えてくる。右へ寄れば住宅そのものが邪魔をし、左へ寄れば河川敷の林が邪魔をする。絵になる場所はほんの一角 ・・・・続きを読む




■2020年03月08日

 ■平坦化工事  

守山市今浜町

撮影:2014.03.03

写真拡大

  昨日の写真は堤防を外から見上げていたわけだが、きょうの標題写真はその堤防へ上って、そこから内側を見ているところである。光を受けている竹藪を巻くように川が流れているが、実はこれ川ではない。南流跡の水たまりである。野洲川放水路が完成して、流通が始まったのが1979年。私が三上山を撮りだして3年後ということになる。この写真の撮影が ・・・・続きを読む




■2020年03月07日

 ■平坦化工事  

守山市今浜町

撮影:2014.03.03

写真拡大

  旧野洲川南流右岸跡、それを外側から見たところである。左側に見える高いアンテナの横までは上流側から平地化が終わっているが、そこから旧堤防跡へ向かってぐーんと勾配を登る。その部分をアップしたところである。30度はないにしても15度は充分にある。これが2014年3月。
  このあとすぐに平坦化工事が始まったらしい。2016年7月には ・・・・続きを読む




■2020年03月06日

 ■アオサギ営巣  

守山市川田町

撮影:2012.03.29

写真拡大

  昨日の標題写真とほとんど同じ旧野洲川南流左岸跡である。撮影日はきょうの写真が2年ほど早い。右側の建物は2階建て、堤防上の路面はほぼその高さに等しい。左側、きのうの写真で公園になりかけているところは、伐採が始まっていたかどうか。この時点では何がどうなっているのか覗いてみることすら不可能だった。道路の上にせり出した裸の木の上で ・・・・続きを読む




■2020年03月05日

 ■工事中

守山市川田町

撮影:2014.03.03

写真拡大

  川田大橋西詰めの北川原公園、かつての野洲川南流跡、竹や木が密集していて昼まだ暗く、近寄るのも気味が悪いくらいであったが、それが伐採され整地されて、公園化完成間近というところである。右側に弧を描くのが旧南流の左岸堤防。画面左半分を拡大すると、左端に黒い軽が止まっていて、黒い服を着た男性が立っているのが見える。そこが新放水路の左岸堤防、 ・・・・続きを読む




■2020年03月04日

 ■雨上がり

野洲市三上

撮影:2012.03.06

写真拡大

  プロパティによると午前7時の撮影となっている。晴天ならば、太陽の姿が見えるはずだが、上空にも雲が残っている。雨が上がった直後らしい。南西から(画面でいえば右→左)の風が吹いている。山にぶつかって雲が発生している。
  農地の真ん中に立って集落の方を見たところである。麦の色が濃い。 ・・・・続きを読む




■2020年03月03日

 ■ミシガンが行く

大津市におの浜

撮影:2009.03.02

写真拡大

  浜大津港からミシガンが出ていった。10年以上前の話で、撮影場所その他、きっちりした記憶がほとんど残っていない。浜大津を出て少し沖へ出たところで、少しの間止まっていたような気がするが、試運転なのか営業運転なのか。デッキには誰も人が見えない。試運転ならそういうこともあろうが。もっとも営業運転だとしても、まだ3月の初めだから寒さのこともある。 ・・・・続きを読む




■2020年03月02日

 ■法妙院から

大津市園城寺町

撮影:2009.03.02

写真拡大

  昭和20年代後半の国土地理院5万分の1地形図に大津市役所背後の山腹に「フェノロサの墓」と明記されていた記憶がある。現在の国土地理院Web地図にはその名が消えている。10年以上前の話で、どこからどう走ったか記憶は完全に消えているが、地図を見直してみると、山門の下に車を置いて、ちょっとした石段を登り、山門をくぐった境内を南へ歩いた記憶が ・・・・続きを読む




■2020年03月01日

 ■縁側で

野洲市北桜

撮影:2009.03.01

写真拡大

  花緑公園の里の家である。日付が2009年3月1日になっている。やす教室を開いていたときには、午前中花緑公園を散歩しながら写真を撮って、午後教室でそれを材料にして勉強するということをやっていた。それの記録が、2012年から2018年までとしてこのHRに残っている。
  古い写真を引っ張り出していて、この写真が出てきたときには、あれ? ・・・・続きを読む