■2017年12月18日

 ■鳥の写り方

  守山市新庄町
写真拡大

 裸の木にスズメ(だと思うが)が10羽ほどとまっていた。足を止め、カメラを構えて2,3歩近づいた。それがいけなかった。ワッと逃げ出した。慌ててボタンを押し続けたが、写っていたのは2枚だけだった。
 標題写真がその1枚目である。拡大写真で見てもらおう。右の3羽はかろうじて鳥に見えるが他は野球ボールのように見える。次に2枚目。左下の1羽を ・・・・続きを読む



 ■2017年12月17日

 ■竹が伸びた?

  守山市川田町
写真拡大

 野洲川斎苑のすぐ近く、比江地区の墓地からの撮影である。見えている交差点は守山市街地から川田大橋を越えてきたところ。はて、何という交差点だったかと画像を拡大してみたが、野洲川斎苑の案内があるだけで、交差点そのものは無名だった。
 同じ場所から、4,5年前に撮った記憶がある。もう少し山が見えやすかった気が ・・・・続きを読む



 ■2017年12月16日

 ■太鼓判やね

  守山市立入町
写真拡大

 新幹線の上流側、ネムの木である。ちょっと傾いているぞ。広い河川敷にたった1本で立っている木である。ひょっとしてと心配になる。公園で管理されている木だから、これだけ傾いたら、「キケン注意」ぐらいの表示もあるだろうし、周辺への立ち入りも禁止するだろう。これぐらいの傾きは大したことはないのだろう。もともと傾いていたことも考えられるし。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月15日

 ■やっとるな写真

  守山市立入町
写真拡大

 新幹線下流のサッカーグランドで少年チームが練習試合をしていた。サッカーで球が集まるのは両チームのゴール付近である。サッカーだけを狙うなら長いレンズでそのあたりに狙いをつけて待てばよい。ところが私の場合は山が狙いだから、それを基準にしてポジションを決める。山、鉄橋、それにいまの場合なら手前の2人、レンズの長さも自ずから限界がある。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月14日

 ■平穏な流れ

  守山市立入町
写真拡大

 野洲川左岸グランドゴルフ場から。爽やかな流れが対岸から手前の方へ蛇行してくる。一見、平穏なように見えるが場所を変えてみると決してそんなになまやさしいものではない。たとえばここ。新幹線の上手である。根っこから引き抜かれた大木が何本も転がっている。上流から流れて来たものであろう。そうかと思えばGゴルフ場の中にも。倒れたままで処理されずに ・・・・続きを読む



 ■2017年12月13日

 ■こんな心算では

  野洲市三上
写真拡大

 朝、6時30分。外はまだ明け切っていない。山の高さを少し越えるぐらいの横雲が広がっている。これが焼けるといい写真になるぞ。日の出の15分ぐらい前にいったん雲の下面が焼ける。それにちょうどいいタイミングだ。これが現場へ着いたときの状況。山に近づいたわけで、山は大きくなり、雲は逃げるので、相対的に雲は小さくなる。それは計算済み。欲を言えば ・・・・続きを読む



 ■2017年12月12日

 ■山重なる

  東近江市平尾町
写真拡大

 東近江市平尾町。きのう見てもらった市ヶ原町とは一本道(県道508号)でつながる場所である。ここ1年ほど改修工事が続けられて走りやすくなった。その間の距離約2Km、こちら(平尾町)の方が南(三上山に対して左)に位置する。実際に走ってみた感覚では(市ヶ原町から平尾町に向かって)ちょっときつい下りがあったりして、平尾町の方が標高が低いのかとも ・・・・続きを読む



 ■2017年12月10日

 ■冬の日

  東近江市市ヶ原町
写真拡大

 冬の光の乏しい日だったが、眺望は効いた。国道307号、百済寺近くの中里交差点から山手へ入り永源寺へ抜ける道の途中である。1年ほど前に一度撮ってから、道路が工事中になり入り込むことができない区間だった。正面に見える横に長い建物が滋賀県平和祈念館、その右の白い建物が愛東中学校。祈念館の左奥の尖がり屋根が愛東マーガレットステーションだと ・・・・続きを読む



 ■2017年12月10日

 ■本日終了

  野洲市南桜
写真拡大

 時期が少し遅れたが、南面の紅葉の状況を記録しようと寄ってみたが、運悪く雲が張り出していて山麓から手前の農地が陰り簡単に動きだしそうにない。上空には結構風がありそうで、簡単に雲が動きそうなのだが、よく見ると雲の風上側でどんどんクモができる。風下側でそれが消えていく。風上で発生し風下で消えるのだから、簡単に言えば、雲は動かないことになる。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月09日

 ■記録写真

  野洲市小篠原
写真拡大

 駐車場である。たまたまこの日は1台も止まっていなかった。不思議な駐車場である。どこの所有かもよくわからない。文化ホールやコミセンの駐車場があふれてくるとこちらへ回ってくる。私自身も何度か止めたことはある。文化ホールのサブ駐車場というのが一番適切か。
 いくつか並んでいるライトの白いボールが面白くて、いつも気になっていたのだが ・・・・続きを読む



 ■2017年12月08日

 ■バイパス工事

  野洲市妙光寺
写真拡大

 左から下ってくる紅葉の斜面が妙光寺山の裾。その向こうに三上山が立つという構図である。山裾に沿う街並みが国道8号。その手前に8号バイパス工事現場が見える。漠然と見ていると奥の街並みと同化して分かりにくいが、画面左外あたりで手前に向かって分岐したバイパスが、高架へ向かってくさび型の斜面を登っていくところ。そしていったん途切れて農道を越える枠 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月07日

 ■何やこれ!

  守山市欲賀町
写真拡大

 撮ろうと思うこと自体どだい無理な話である。それは初めから分かっていた。が、このときは黄葉の色に負けた。川の岸に立つケヤキの木。見事な黄葉だった。いまのこの写真(橋の写真・三上山は左遠方にある)でいえば、画面右外の遠いほうの岸に立つのが常識。それでも近い。可能ならばその2倍も3倍も離れたい。しかしそのすべてが無理だった。それならば止める ・・・・続きを読む



 ■2017年12月06日

 ■新海道(杣街道)

  甲賀市甲賀町油日
写真拡大

 昨日の山崎交差点は草津線のすぐ横、県道4号と油日バイパスとの三叉路である。一直線に走る現在の道が旧街道であるというとこはまず考えられない。油日集落を抜ける旧街道からたどった道は、現在の県道よりもう1本山側の道だった。何となく見た風景だとあたりを見直すと、そこは以前三上山を撮った場所だった。これは2012年2月の撮影である。今回は油日 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月05日

 ■新海道

  甲賀市甲賀町油日
写真拡大

 いま野洲川分水嶺峠道探訪で、杣街道(三雲・柘植間)を歩いている。先日、快晴の日曜日、油日の集落を歩いた。そのついでがきょうの標題写真。もう何度も見てもらっているのでさほどの珍しさはない。あえて言えば、いつもは比良に雪があるのが当たり前になっているところ。ひょっとしたら、メタセコイヤが色づいているのが初めてかもしれない。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月04日

 ■片翼の山

  草津市片岡町
写真拡大

 きのうの浜街道を2Kmほど南へ下った。いつの間にか草津市に変わっていてここは片岡町。道を挟んだ反対側が例のゴルフ練習場というところである。三上山の麓、日が照っているのが守山の市街地。さて昨日の写真と比較して、三上山だけを見ているとほとんど変わらないが、周囲の山が変わる。たとえばこれがきのうの場所から山だけをアップしたもの。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月03日

 ■小津大橋南詰

  守山市山賀町
写真拡大

 浜街道を走ると、守山市山賀町に「小津大橋南詰」という信号がある。小津大橋?、・・どこを見まわしてもそのような橋はない。たとえば国道8号の野洲川大橋、この橋の長さが432m、三上山の麓にあってその標高と同じである。これは草津の畳屋さん・中村さんからの受け売り。栗東側の交差点が「野洲川大橋南詰」。誰が見ても分かる。小津大橋、確かに橋はある。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月02日

 ■点いていた信号

  守山市荒見町
写真拡大

 琵琶湖大橋取付道路、きのうの続きである。洲本町ではなかった右側にも電柱が並んでいる。「レ」の字型の空間の真ん中に山を入れたい。 クルマは荒見町交差点を左に曲がった。今だ。こんな時こそ連写だが、乗せてもらっている人様のクルマの中でカシャカシャやるのも気が引けた。よし、一発勝負。できた写真はほんの少し右へ寄っていた。一瞬早かったことになる。 ・・・・続きを読む



 ■2017年12月01日

 ■右や左の大騒ぎ

  守山市洲本町
写真拡大

 琵琶湖大橋取付道路を大橋のほうから三上山に向いて走っている。洲本町交差点の手前、山は道路の右手に見える。いまから10数年前だったか。東京からやってきたTV局のディレクターだったかカメラマンだったかが、どう考えても分からないという。(三上山は)琵琶湖大橋の上からは右手に見える。それが料金所を過ぎると左に移る。そしてまた右・・・それが分からん ・・・・続きを読む