pct

 ラフォーレ琵琶湖主催

琵琶湖一周カメラウォーク
目次へ



第12回 2006年5月28日(日)

彦根市曽根沼から宮ヶ浜国民休暇村まで



「琵琶湖ウォークは雨が降らない」そんなジンクスができるぐらい、

朝方までの雨がきっちり上がって、見事な青空。

「もう傘はいらんわね」。持ってきた折りたたみ傘もバスに残して、

さあ、きょうは近江八幡市宮ヶ浜国民休暇村まで。


  9:15ラフォーレ琵琶湖出発。→(バス)→彦根市曽根沼着。

  10:00 曽根沼出発→柳川緑地公園(昼食)→新海浜→

→栗見出在家→宮ヶ浜国民休暇村着

→16:00同発→野洲駅経由・ラフォーレ琵琶湖着17:00



10:00 曽根沼駐車場出発。公園内の緑の中を行く。
初めのうちはこうして列を作って……。
…と、それもしばらくの間。すぐにこの調子。みんな速いんだわ。
待ち合わせポイントの鳥居。何という神社だったかな。 前回の続きの浜へ出る。
道を行く人、浜を歩く人。好みに合わせていお好きなほうを。
「多景島遙か、石寺浜並木」、彦根八景の一つ。

遠近法の見本のような、砂浜と松並木。 車で走ればあっという間だけどね。
琵琶湖は広いね。 湖畔の石垣。懐かしい風景です。 
柳川漁港近く。再び松林の中を……。 広い、広い……。
何という花だったか。そのときは覚えたつもりなんだけど。 柳川漁港の石垣。車で通るたびに、気になっていたところ。
気持ちのいい緑の木陰。琵琶湖の森の物語。
12:00 柳川緑地公園着。シャボン玉も水鉄砲スタイル。
13:00 緑地公園発。
今度は、畑の中の農道を行く。 県道の愛知川橋を渡る。「彦根市もここまで、能登川町に入る」と書きたいところだけれど、東近江市になったんやね。
田圃の中の一本道を歩いて、護岸堤へ上がる。
 
14:10 栗見出在家公園。「いいところやね」と、のんびりしていたら…… 一転にわかにかき曇って……、強風に帽子を押さえるのに必死。「こんなとこで雨に降られたらどないしょう。」
さいわい大事に至らず、雨雲は遠ざかったようす。 堀切漁港。沖島への船はここから。
宮ヶ浜が見えてきて……、 16:00 国民休暇村駐車場着。


ラフォーレ琵琶湖の皆さん方、お世話になりました。ありがとうございました。

参加者の皆さん、お疲れさまでした。

長かった琵琶湖ウォークも、あと2回で北湖完結というところまできました。

次回は秋です。日程が決まり次第お知らせします。それまでお元気で。


番外編「新緑の信州白馬」作品発表会。

6月5日(月)午後2時。

ラフォーレ琵琶湖。

参加費無料・予約不要。旅行に参加されなかった方でも、どなたでもどうぞ。




目次へ
このページのトップへ








pct2